ブライダルに添えるプリザーブドフラワー

花嫁の幸せの象徴をずっと残して置ける

花嫁の幸せの象徴をずっと残して置ける プリザーブドフラワーは、生花と違って長持ちがするメリットがあります。
記念に残る花として、長くお部屋のインテリアとしても楽しむことができます。
種類や、デザインにもよりますが、半年から1年以上持つものまで、さまざまです。
プリザーブドフラワーは、最近結婚式や、お誕生日のお祝いで若い女性を中心に人気を集めています。
結婚式で使用した花嫁の幸せの象徴をずっと残して置けるとして人気が高いです。
大事に部屋の中に飾っておくことで、花嫁気分をずっと忘れずに思い出とともに楽しむことができます。
花嫁の象徴であるブーケとして、プリザーブドフラワーを選ぶ人も多く、花嫁衣装のデザインに合わせて作ってもらうこともできるので、記念に残ります。
光沢もあり、直射日光を避ければ、部屋のインテリアとして飾っておくことができます。
光沢は、高貴で気品のあるイメージを出してくれるので、結婚式の花嫁にもふさわしいでしょう。
記念に長く残したい人にもおすすめです。

ブライダルでプリザーブドフラワーは主流になりつつある

ブライダルでプリザーブドフラワーは主流になりつつある 結婚式では、テーブルに飾るものやブーケなど、生花を様々な場所で使用します。
特にブーケは花嫁のアイテムとして欠かすことの出来ないもので、結婚する両者はもちろんの事、ブーケトスなどによって参列者の思い出にも深く残るものです。
しかし、生花を使っているブーケは、持ち帰って花瓶に生けても、それほど長持ちすることはありません。
枯れてしまうのは仕方ないとしても、毎日花瓶の水を替えるなど、手間もかかってしまいます。
プリザーブドフラワーは、見た目は生花と比べても遜色の無いみずみずしさを持ちながら、枯れること無くそのまま飾り続けることができるのが大きな特長です。
プリザーブドフラワーは生花に特殊な薬液を注入し、腐ったり枯れたりする事を防ぐことができるもので、ドライフラワーのように見た目が大きく変わってしまうこともありません。
そのため、いつまでも思い出を形にして残すことができるので、結婚式でもプリザーブドフラワーを使用するのが主流となっています。