ブライダルに添えるプリザーブドフラワー

ブーケと髪飾りのセットでプリザーブドフラワーを注文する人が多い

ブーケと髪飾りのセットでプリザーブドフラワーを注文する人が多い 海外風のウェディングシーンに欠かせないブーケや花の演出。
近年注目が集まっている演出に、いつまでも美しく記憶に残せるプリザーブドフラワーを使ったものがあります。
プリザーブドフラワーは特殊な液体を使い加工することにより、生花の美しさを長期的に保存可能にした画期的な技法です。加工により花の水分を抜いてしまうのですが、仕上がりは瑞々しい生花の姿そのもの。
湿気や直射日光には弱いという欠点はあるものの、保存状態が良ければ10年もの長期保存が可能です。
このプリザーブドフラワーを使って作るウェディングブーケや髪飾りの人気が高まっています。最良の日の思い出を美しい花とともに長期間残しておきたい、そんな乙女心を満足させるプリザーブドフラワー。
新郎新婦のブーケや髪飾りだけではなく、ウェルカムボードの演出や、雑貨に組み込まれたアレンジメントを引き出物や記念品に使ったりするのも人気があり、その注目度はますます高まるばかりです。

結婚式当日にプリザーブドフラワーのウェディングヘアーを使うには

結婚式当日にプリザーブドフラワーのウェディングヘアーを使うには 結婚式とは一生に一度の一大イベントです。当然その日は自分が一番の主役です。
そんな日には髪飾り、ドレス、ブーケ、何をとっても自分なりのこだわりを持ち、満足の行くものを揃えたいと考える人が多いでしょう。
一生に一度だけの特別なイベントなんで、妥協して後悔だけは絶対にしたくないものです。ウェディングヘアーのための髪飾りやブーケなど、彩りを持たせてくれるのがお花です。
艶っぽくみずみずしさ溢れる生花を使うのももちろん良いですが、生花同様のみずみずしさを長期間保ってくれるプリザーブドフラワーを使うのもおすすめです。
プリザーブドフラワーは特殊な加工を施した花です。水分を抜いて乾燥させているので、生花よりは少しフレッシュ感は劣るかもしれませんが、その違いは結婚式という場で見る分には問題ない程度でしょう。
また、生花とは違い鮮やかなブルーのお花などを使うことが出来るのもプリザーブドフラワーならではの特徴です。結婚式場によっては自分で準備したアイテムを持ち込むことに関してのルールなどがある場合もあります。
また、自分で準備したアイテムを忘れてしまったなど当日になって慌てることもあり得ます。
自分のこだわりを当日に万全に準備するためには、事前にしっかりとした準備をしておくことが必要です。