ブライダルに添えるプリザーブドフラワー

様々なデザインがあるからドレスに合わせて選べる

様々なデザインがあるからドレスに合わせて選べる 今まで花といえば色が制限されていました。
そのためまず使いたい花を決めてから、それに見合う色やデザインのドレスを選ぶのが普通でした。
そんな常識を変えたのが、プリザーブドフラワーです。
プリザーブドフラワーを活用する利点は、色の制約を受けない点です。
自然界に存在しない青色の花はもちろん、シックな色合いの茶色や紫、葉っぱの色を連想させる緑など、多彩な色彩の花が存在します。
これらを自在に組み合わせることが可能なので、まず最初に好きなドレスのデザインを選んでも全く問題がないのです。
それ以外には、花を自由に加工できる点も強みといえます。
花といえば花嫁が持つブーケが一般的ですが、プリザーブドフラワーは生花と違って花粉や水の心配がないため、ドレス自体にコサージュ感覚で使用することもできますし、髪留めに縫い付ければ個性的な髪飾りにもなります。
工夫次第で多彩な用途を編み出せるのも、プリザーブドフラワーだからこその特徴です。

コサージュやブーケも出来るプリザーブドフラワー

コサージュやブーケも出来るプリザーブドフラワー フリーサーブのフラワーといえば、結婚祝いや開店祝い、誕生祝いなどのお祝いごとにもちいられるものというイメージが強いのではないでしょうか。
現在では、多種多様の商品が流通するようになってきており、相手にお祝いとして送るだけではなく、自宅用として使えるコサージュやブーケも販売されるようになりました。
このような小物のプリザーブドフラワーであれば、お祝いごとやお出かけの時に持っていると大変重宝します。
従来の布製のコサージュにはない魅力を持っているので、洋服がいっそう着映えするようになるのではないでしょうか。
プリザーブドフラワーが胸元にあるだけで、より美しくドレスアップ出来るでしょう。
また、ブーケであれば結婚祝いとしても贈ることが出来ますし、他のお祝いごとに贈っても、枯れないお花の魅力があるのでとても喜んでもらえるので、重宝するでしょう。
プリザーブドフラワーには、このように各種の商品が充実しているので、様々なシーンで活躍してくれます。